高取焼 火計(ひばかり)茶碗 高取八山作(12代)

高取焼 火計(ひばかり)茶碗
向栄会職方高取八山作(12代)

みどころ
このお茶碗の「火計」とは薩摩焼などで、文禄・慶長の役後に渡来した朝鮮の陶工が、朝鮮の陶土・釉薬を用いて焼いた陶器を言います。つまり≪火計≫とは陶土は朝鮮のものだが「火だけは日本のもの」から火ばかりと言われるようになりました。茶碗は白釉が薄くかかり轆轤目が強く出たシャープなお茶碗で、高台はお茶碗に対して大きさもバランスよく締まってます。

作家プロフィール
高取八山 12代(たかとり はちざん、1929年(昭和4)〜)
福岡県出身。師は高取静山。
 高取焼中興の祖として名高い11代高取静山の長男として生まれる。
母(静山)に師事して、日本伝統工芸展、西日本陶芸展、西部工芸展などにて入選。
そのほか個展では日本橋三越、大阪高島屋他各地の百貨店にて度々開催。
伝統的な高取の技法を尊重し古高取の再現に追及、主に茶陶を展開。
寸法 16.2cm
口径 6.4cm
箱 共箱
こちらの商品に関するお問合せは…
 03-3260-3727 担当:細矢まで
店頭購入・お取り置き他、ご相談を承ります
受付時間 午前9時〜午後5時(土曜・日曜・祝日、当社指定休業日を除く)
販売価格 59,000円(内税)
在庫数 在庫 残り 1 です。
購入数


最近チェックした商品