ギャラリーきほうオンラインショップ夏の感謝祭2020

金嶽宗信師筆 掛物画賛「至道無難」

SALE

※こちらの商品は通常価格60,000円(内税)がセール価格30,000円(内税)50%OFF

金嶽宗信師 掛物画賛「至道無難」

至道無難(しどう むなん、慶長8年(1603年) - 延宝4年8月19日(1676年9月26日))は江戸時代初期の臨済宗の僧侶。本姓は大神氏、俗姓は相川。幼名は刑部太郎、通称は治太郎、源右衛門。俗諱は親明(ちかあき)。号に却外、道時等。

金嶽宗信プロフィール
東京の一般家庭で生まれ、十二歳の時、京都大徳寺で出家。十年間の小僧生活、十年間の大徳寺僧堂での雲水修行を経て、現在の寺の住職となりました。
その活動は、毎日の座禅会や写経会、写仏画を始め、各種講演会、画業、執筆活動など多岐に渡ります。
ユニークな活動としては、NHKドラマ監修(大河『功名が辻』など)や教誨師(受刑者の指導)ながあります。
二松学舎大学国文学科卒業。東京臨済会「法光」元編集長。保護司。
現在、茶道月刊誌「遠州」茶の湯の禅語掲載中。
國學院大學、日本赤十字看護大学公開講座講師や共同著作物など多数。

箱 共箱


こちらの商品に関するお問合せは…
 03-3260-3021 担当:中川まで
店頭購入・お取り置き他、ご相談を承ります
受付時間 午前9時〜午後5時(土曜・日曜・祝日、当社指定休業日を除く)
定価 60,000円(内税)50%OFF
販売価格 30,000円(内税)
在庫数 在庫 残り 1 です。
購入数


最近チェックした商品