紅心宗慶宗匠好 藍絵「酉」 さつま茶碗 沈寿官(14代)作

SALE

※こちらの商品は通常価格170,000円(内税)がセール価格85,000円(内税)50%OFF

紅心宗慶宗匠好 藍絵 さつま茶碗
沈寿官(14代)作
作家プロフィール
1926年(大正15年) - 2019年(令和元年))は13代の長男で本名は大迫恵吉(おおさこ けいきち)。1964年の13代の死去に伴い沈家当主と沈壽官の名を継いだ。司馬遼太郎と親交があり、司馬の小説『故郷忘じがたく候』(1969年刊)の主人公のモデルとなった。1989年に国内初の大韓民国名誉総領事に就任する[5]など、日韓の文化交流に努めたことでも知られている。

寸法
口径 12.0cm
高さ 7.0cm
箱 共箱
こちらの商品に関するお問合せは…
 03-3260-3021 担当:中川まで
店頭購入・お取り置き他、ご相談を承ります
受付時間 午前9時〜午後5時(土曜・日曜・祝日、当社指定休業日を除く)
定価 170,000円(内税)50%OFF
販売価格 85,000円(内税)
在庫数 在庫 1 です。
購入数



最近チェックした商品