楽山焼 茶碗 長岡空権作

SALE

※こちらの商品は通常価格114,000円(内税)がセール価格91,000円(内税)20%OFF

楽山焼 茶碗
長岡空権作

楽山焼

楽山焼は江戸初期、当時二代松平綱隆公が毛利公に萩焼の陶工を依頼しますが実現したのは三代松平綱近の時代(1677年)であったといわれます。
創窯者に倉崎権兵衛、加田半六らがいます。権兵衛の特徴は重厚な伊羅保写茶碗に見られ楽山特有の鉄分の多いやや赤みのかかった土味が見受けられます。

二代半六の茶碗は、権兵衛の重厚さとは異なりねっとりとした土味と轆轤のきいた茶碗がみられます。半六は二代より四代まで続きますが作風は特定できません。

その後八代藩主松平不昧公の時代になると藩命により長岡住右衛門を召し出され再興します。一般的に初代長岡住右衛門と言われますが、倉崎権兵衛より数えると楽山焼五代目となります。作風は小石まじりの土を用いロクロ目のきいた不昧公の御好みに沿った茶碗を残し、不昧公や四女の堀田玉映、家老の有澤宗意の箱書があるものもあります。

長岡家二代空斎(六代目)は不昧公の命により九州や京都で焼成や絵付の勉強をします。作風は伊羅保茶碗の他、主に藩用のねっとりとした三代土を用いた京風色絵の春草、秋草、海老、鳳凰茶碗等の優品を残します。楽山焼の色絵は空斎より始まったといわれます。その後長岡家は代々住右衛門を襲名し七代空入、八代代庄之助、九代空味、十代空処、十一代空権へと続きます。現在では十二代目となる空郷も更なる飛躍を求め作陶されています。

空入(七代)は主に薄手の刷毛目茶碗や伊羅保茶碗また独自の遊び心のある絵付けを施した茶碗が多く見受けられます。江戸後期から明治にかけて、それまでより茶の湯が衰退の時期ではありましたが、伝統を重んじ作陶された茶碗はいまでも茶の湯の取り合わせにかかせない作品です。

空味(九代)の作品は、茶道具のみならず煎茶道具や日常品を含め数多くの作品を残します。作風は空入同様に独自の画風による上絵付や手のりのよい茶碗などがあります。表千家や裏千家の箱書や御好みの数物茶道具も比較的見受けられ、今日お茶会等でもお目にかかる機会が多いと思います。また不昧公百年忌において名物写しの千種伊羅保茶碗、南蛮写水指や建水等の作品を制作し広く知られるところとなります。

空処(十代)の作品は、時代に沿った茶の湯道具全般を作陶しました。作品のなかには空味との親子合作で数印のものもあり、当時、窯での作陶の様子を垣間見えることが出来ます。

空権(十一代)は三十代で後を継ぎ、伊羅保茶碗を基盤とした茶の湯道具や時代のニーズに沿った、また茶人の要望に応えるべく優れた作品を多く残されていて、現在もなお新しいものに挑戦し作陶されています。
寸法
口径 13.4cm
高さ 9.4cm
箱 共箱
こちらの商品に関するお問合せは…
 03-3260-3021 担当:中川まで
店頭購入・お取り置き他、ご相談を承ります
受付時間 午前9時〜午後5時(土曜・日曜・祝日、当社指定休業日を除く)
定価 114,000円(内税)20%OFF
販売価格 91,000円(内税)
在庫数 在庫 1 です。
購入数



最近チェックした商品