膳所焼 末広水指

SALE

※こちらの商品は通常価格43,500円(内税)がセール価格34,800円(内税)20%OFF

膳所焼 末広水指

陽炎園
膳所焼きは近江国膳所(現在大津市膳所付近の陶器でまず瀬田焼の名で元和(1615〜24)頃起こったとされます。
江戸時代末期に近い天明年間の膳所の地では、御用窯ではなく民間の窯、梅林焼(ばいりんやき)があります。古膳所(こぜぜ)の特色である黒褐色の鉄釉とはまた違った、はなやかな釉調に特色が見られます。 湖南の景勝地にはぐくまれてきた膳所の名窯にも幾たびかの途絶えがあり、梅林焼のあとはなく、わずかに雀ヶ谷焼が伝えられるだけですが、近代になり大正8年(1919)、遠州ゆかりの茶陶の名窯の廃絶を惜しんだ膳所の人岩崎健三が、時の日本画壇の巨匠、山元春挙とともに膳所窯を復興し、その工房を陽炎園としました。

寸法
口径 19.0?
高さ 15.0?

箱 共箱
こちらの商品に関するお問合せは…
 03-3260-3021 担当:中川まで
店頭購入・お取り置き他、ご相談を承ります
受付時間 午前9時〜午後5時(土曜・日曜・祝日、当社指定休業日を除く)
定価 43,500円(内税)
販売価格 34,800円(内税)
在庫数 在庫 1 です。
購入数


最近チェックした商品