黒織部 肩衝茶入 仕服 笹蔓緞子 江戸和久田金襴 加藤光衛門作

黒織部 肩衝茶入 
仕服 笹蔓緞子 江戸和久田金襴
加藤光衛門作

名工、加藤十右衛門の次男で、加藤家の系譜を辿る上でも重要な人物が加藤光右衛門です。美濃焼名手として晩年まで作陶生活を続けており、その高い造形力だけでなく、伝統を重んじる精神も高く評価されています。
 昭和12年に生まれており、幼少の頃より陶芸をしていた父の姿を見て育ちました。自らも陶芸家としての道を歩むと心に決め、日々陶芸の研究を休むことは無かったと言われています。高校を卒業した後に岐阜県無形文化財保持者でもあった父の加藤十右衛門に本格的に師事。美濃焼の作陶技術を一から学ぶこととなりました。作品づくりに本格的に集中していくために、笠原の地に山十窯を開きます。新たな環境で始めた作陶生活によって、豊かでありながらも、どこか現代アートに通じるような美しい作品を数々生み出していくこととなったのです。父親ゆずりの作風で、堂々かつ悠揚とした、その佇まいは見るものを圧倒し、心を動かす素晴らしいものであったと言われています。作品としては、黄瀬戸や美濃伊賀の花入、 水指、または引出し黒の茶碗などを中心として作っていきました。

寸法
口径 6.3cm
高さ 9.8cm
箱 共箱
こちらの商品に関するお問合せは…
 03-3260-3021 担当:中川まで
店頭購入・お取り置き他、ご相談を承ります
受付時間 午前9時〜午後5時(土曜・日曜・祝日、当社指定休業日を除く)
販売価格 147,500円(内税)
在庫数 在庫 1 です。
購入数


最近チェックした商品