朝鮮唐津 細水指 武村利左エ門作

朝鮮唐津 細水指
武村利左エ門作

利左エ門窯について
唐津焼の創始期について室町・桃山時代の説があり、慶長3年(1598年)文禄・慶長の役に参加した大村藩主・大村嘉前が連れ帰った朝鮮の陶工李祐慶が、波佐見町下稗木場窯や村木の畑の原・古皿屋などに階段状連房登窯を築き、やきものづくりを始めたと伝えられています。

寸法
口径 12.4cm
高さ 21.5cm
箱 共箱
こちらの商品に関するお問合せは…
 03-3260-3021 担当:中川まで
店頭購入・お取り置き他、ご相談を承ります
受付時間 午前9時〜午後5時(土曜・日曜・祝日、当社指定休業日を除く)
販売価格 45,500円(内税)
購入数


最近チェックした商品