中興名物 相坂丸壺茶入 仕服 逢坂裂 笹田有祥作

中興名物 相坂丸壺茶入
相坂丸壺(古瀬戸丸壺茶入)
相坂時には合坂と書かれる。
古今集の古歌「逢坂の嵐の風は寒けれど行衛しらねばわびつつぞぬる」に因んで銘々された。総体に瀬戸釉薄くかかり濃い黒色が景色となり黄釉がほのかにかかっている。丸壺とは丸い胴より首が長く立ち上がっている形をいう。
笹田有祥作

作家プロフィール
昭和27年京都に生まれる
昭和45年京都私立日吉ケ丘高校陶芸家卒業
昭和46年京都府立陶工訓練校卒業
昭和47年京都市立工業試験所陶磁器技能者養成所卒業
昭和48年手塚央に師事、茶陶を指導される
昭和50年独立。五条坂共同登り窯にて訪う唐物写し茶入れの制作を始める
昭和56年京都東山梅ケ谷工房を移す
昭和62年五条坂共同登り窯廃止に伴い西加茂に現工房を築く
平成元年京都丹波瑞穂町にて登り窯参加
平成8年京都市北区西加茂にて新工房を建て、茶道具の制作を中心に現在に至る

寸法
口径 6.4cm
高さ 7.2cm
箱 共箱

こちらの商品に関するお問合せは…
 03-3260-3021 担当:中川まで
店頭購入・お取り置き他、ご相談を承ります
受付時間 午前9時〜午後5時(土曜・日曜・祝日、当社指定休業日を除く)
販売価格 35,000円(内税)
在庫数 在庫 1 です。
購入数


最近チェックした商品