大徳寺 孤篷庵18世 小堀卓巖禅師筆 一行軸 「倶胝堅一指」

大徳寺孤篷庵18世小堀卓巖禅師 筆
一行軸「倶胝堅一指」(ぐてい じゅいっし)
倶胝禅師がただ一本の指を立てるだけで、一生不自由なく立派に人を指導したことから、指導の妙味を表すものとして有名な禅語です。

大徳寺孤篷庵
京都紫野大徳寺搭頭
小堀遠州が慶長17年(1612)龍光院の中に建てたが、寛永17年(1643)現在の地に移し江月宗玩を開祖に請じて菩提寺とした。安政5年(1858)火災で焼失した後、松平不昧らの後援を得て再建。茶室忘筌および山雲床はともに有名である。
小堀卓巖禅師
昭和6年生まれ
九州、梅林寺、大徳寺僧堂で修行
昭和41年18世孤篷庵住職となる
平成29年ご逝去
こちらの商品に関するお問合せは…
 03-3260-3021 担当:中川まで
店頭購入・お取り置き他、ご相談を承ります
受付時間 午前9時〜午後5時(土曜・日曜・祝日、当社指定休業日を除く)
販売価格 51,000円(内税)
在庫数 在庫 1 です。
購入数


最近チェックした商品