大徳寺孤篷庵 18世小堀卓巖禅師筆 一行軸「明珠在掌」

大徳寺孤篷庵 18世小堀卓巖禅師筆
一行軸 「明珠在掌」(みょうじゅ たなごころにあり)

二様の意味がある。‐乎罎望繁盒世砲盪た浄明な珠を持っていて、我が前に来るものを正しく映しとり、その正邪・曲直を判定して少しのゆがみもないという事、明眼の禅者の働きをいう。△海海北声遒箸亙性の例え。浄明な珠にも例えるべき仏性を、万人が本来円満に生まれながらに備えていることの意。

大徳寺孤篷庵
京都紫野大徳寺搭頭
小堀遠州が慶長17年(1612)龍光院の中に建てたが、寛永17年(1643)現在の地に移し江月宗玩を開祖に請じて菩提寺とした。安政5年(1858)火災で焼失した後、松平不昧らの後援を得て再建。茶室忘筌および山雲床はともに有名である。
小堀卓巖禅師
昭和6年生まれ
九州、梅林寺、大徳寺僧堂で修行
昭和41年18世孤篷庵住職となる
平成29年ご逝去
販売価格 50,000円(内税)
在庫数 在庫 1 です。
購入数


最近チェックした商品