蕎麦茶碗 駕洛窯 (そばちゃわん) 清水久嗣監修

作品名

蕎麦茶碗 駕洛窯


監 修

向栄会職方 清水久嗣監修


寸 法

径15.5cm 高6cm


共箱


蕎麦茶碗について

 蕎麦茶碗の名称の起源は、青灰色の釉薬が蕎麦の色と似ているという説や、井戸ではないが井戸の傍(そば)へ寄付けるものがあるという説や、井戸の側(そば)で作られていた説、器表のざうらめきが蕎麦糟に似ているなど多説ありますが、はっきりと判っていません。蕎麦茶碗の特徴は、やや浅い茶碗が多く、腰に抑揚の強いふくらみをもち、口縁を抱えています。平らに高台脇を切りまわし、高台は口径に比べ小さく、高台内の削りは渦状をなしているものが多くあります。刷毛目茶碗や粉引茶碗にも同じような形のものがあります。雑器としての用途や、窯の中で重ね易く大量生産に適していたなどが推測されます。茶人の間では、酸化して淡い黄褐色を呈し、淡い青灰色と濃い黄褐色の片身替りになったものが珍重されています。そうしたものを「本手蕎麦」と云っています。


作品説明

 本作品は、向栄会職方 清水久嗣監修の蕎麦茶碗写しです。形姿は、本歌の特徴を良く捉えた作品です。片身替りではいかないが、全体が淡い黄褐色を呈し、淡い青灰色と黄褐色が斑に混じり合い御本の様な景色となっています。高台脇に「駕洛窯」の印が押されています。お濃茶でも使用できます。
 商品ごとに個体差があり、写真と若干異なる場合がございます。それも一つの楽しみでしょうか…

普段使い、お稽古用にお使いください



こちらの商品はお届けまで2週間程度頂きます

こちらの商品に関するお問合せは…
 03-3260-3727 担当:細矢まで
店頭購入・お取り置き他、ご相談を承ります
受付時間 午前9時〜午後5時(土曜・日曜・祝日、当社指定休業日を除く)
販売価格 12,500円(内税)
購入数


この商品を買った人はこんな商品も買ってます


最近チェックした商品