御本三島茶碗 駕洛窯 (ごほんみしまちゃわん) 清水久嗣監修

作品名

御本三島茶碗 駕洛窯

監 修

向栄会職方 清水久嗣監修

寸 法

径12.4cm 高7.4cm

共箱

御本茶碗について

 御本茶碗は、対馬の宗家を通じて日本から手本を送って倭館内で焼成されたものです。御本の作者は、玄悦、茂三、弥平太、意春、徳本、小道二、小道三が挙げられ、玄悦、茂三、弥平太は作風に一定の特徴があり、茶人の間で珍重されています。種類としては、御本立鶴を筆頭に、半使御本・絵御本・御本金海・御本三島・御本雲鶴・御本刷毛目・御本御所丸など沢山あります。

作品説明

 本作品は、向栄会職方 清水久嗣監修の御本三島茶碗の写しです。形姿は、椀形で高台は高く、高台内に兜巾があります。模様は、胴から腰にかけて線、花文、三島暦が象嵌されており、御本の特徴である鹿の子の窯変が綺麗にでています。高台脇に「駕洛窯」の印が押されています。商品ごとに個体差があり、写真と若干異なる場合がございます。それも一つの楽しみでしょうか…
普段使い、お稽古用にお使いください

こちらの商品はお届けまで2週間程度頂きます

販売価格 12,000円(内税)
購入数


最近チェックした商品